メインイメージ画像

夫婦間の財産の分配の問題を法律では財産分与といいます

難しく感じる方もいらっしゃると思いますが法律では、多様な専門的用語が使われますが、その一つに財産分与というものがあります。いわゆる離婚問題などに対して用いられる用語になります。そもそも離婚をした場合は、2人が離別する事になる訳ですが、その際に、財産の分配の問題が出てくるのです。結婚生活によって作られた財産を、どのように分配すれば良いのかという問題があるのです。例えば、結婚生活で、400万円という財産が形成されたケースとします。しかし、前述のような離婚が発生すれば、その400万をどうやって分配すれば良いかという問題が出てくる訳です。

これが財産分与というものです。

この財産分与には、いろいろな種類があります。まず、前述の結婚生活に伴って発生した資産の配分があります。それから、配偶者に対する財産のトラブルもあるのです。というのも、離別すると、片方が生活に困窮してしまう場合があります。自力で稼ぐのが難しい主婦の方や、高齢の方の場合は、離婚することにより、資産に困窮してしまうケースも珍しくないのです。

そのため、離婚後は、保有資産の一部分をその困窮者に対して分配するケースが普通です。更に、慰謝料の分配に関する問題もあります。

離婚が原因の精神的苦痛などに伴い、相手に対して財産を分与するケースも多々あるのです。このように、財産分与には様々な種類があるのですが、離婚している方々は、その分与に関する知識で、色々と戸惑っている場合も多いです。法律に関する専門的な知識なども、不可欠になるからです。

このため、前記のような財産分与に関する事で悩んでいる方々は、たびたび法律の専門家の人々に相談をしています。いわゆる弁護士です。

弁護士は、事務所を構えているケースが非常に多く、前に述べた財産分与に関する知識についても教えてくれますし、様々なサポートをしてくれるケースが多いのです。ちなみに、専門家の方に相談をするとなると、お金はかかります。しかし、前記の財産分与では、非常に沢山のお金が動く訳ですから、たとえ依頼費用はかかっても、相談する価値があると思っている方はとても多いです。